大辞泉が選ぶ新語大賞とは

選考結果発表

投稿総数

1,993本

  1. 大賞
  1. 次点
  • 【三密】の(1)は1995年刊の『大辞泉』初版から掲載されている既存語釈です。
  • どちらも編集部執筆の正式な語釈で、【三密】(2)は今年4月に既に、【コロナ禍】は12月に公開予定です。
  • 選評

    【選考委員】

    田中牧郎(たなか まきろう)

    明治大学国際日本学部教授

    プロフィール

    1962年・島根県生まれ。東北大学文学部・卒業。東北大学大学院文学研究科・修士課程修了。東京工業大学大学院社会理工学研究科・博士課程修了。明治大学国際日本学部・教授。国立国語研究所・客員教授。日本語学会・評議員。日本医学会・用語管理委員。主な著書に『図解 日本の語彙』(三省堂/共著)。『近代書き言葉はこうしてできた』(岩波書店)。『コーパスと日本語史研究』(ひつじ書房/共著)ほか。

    選評

    まさに、新型コロナ関連語づくめの1年。ウイルスの名や病名、治療法・医療機器の名や社会現象など、新語でないものも含め、さまざまな言葉が私たちの目に触れました。「大辞泉新語大賞」選考において、まず、その中から選ぶのか、敢えて他からとするのかを迷いましたが、2020年を象徴する語というテーマを考えると、やはり、コロナ関連を外すのはためらわれました。【医療崩壊】【自粛警察】など、ショッキングな言葉の組合わせで耳目を引いた言葉もあります。【オーバーシュート】【ロックダウン】も耳馴れない恐ろしい言葉でしたが、金融用語などしては既存だったので、純粋な新語とは言い切れません。そんな中【三密】は、小池東京都知事が印象に残る方法で発信したということもあり、一気に拡がりました。これによって、東京のみならず日本人全体の行動変容に一定の成果を収めたのではないかとも感じます。しかし『大辞泉』には、仏教語として既収録の言葉。新語ではなく、新語義としての大賞となります。【コロナ禍】は、今の世界の状況を言い表す言葉で、これを克復しよう、新しい生活様式を見出して、なんとか切り抜けていこうという願いを共有するのに、大事な言葉になっています。その思いへの応援も込めて次点としました。日本語学者としては、【○○禍】が造語成分として今後発展性を持つかどうかも気になるところ。2017年の大賞【インスタ映え】は、その後【TikTok映え】という語に繋がり、【映(ば)える】という独立した言い方も拡がりました。不幸が続くのは困りますが【○○禍】は今後、派生するのでしょうか、注目です。

    編集部・大江和弘

    選評

    毎年恒例の「大辞泉が選ぶ新語大賞」に、本年も約2000本のご投稿、誠にありがとうございました。しかし、第5回にして、今年は最大の難局に直面してしまいました。それは、世の中も投稿も「コロナ1色」に染められてしまったということ。まずは、投稿数ベスト10をご覧ください。(1)【経年美化】356本、(2)【コロナウイルス/新型コロナウイルス】102本、(3)【コロナ○○】56本、(4)【自粛警察】42本、(5)【三密】38本、(6)【オンライン○○】34本、(7)【ぴえん】24本、(8)【アベノマスク】23本、(9)【おうち時間】22本、(10)【Go To ○○】17本。1位と7位以外、すべて新型コロナ関連語がランクインしています。読者・ユーザーの皆さまも「コロナ以外で今年の新語、思い浮かぶ?」と自問すると、あまり出てこないのではないでしょうか。不幸にも、言葉の世界でもコロナのインパクトが強すぎて、一般的な新語はあまり生まれなかった1年と言えます。【経年美化】は故・三浦春馬さんが生前、テレビ番組で語った言葉として、そのオンエア直後に爆発的な投稿がありました。三浦さんの発言として以外に、今後、定着し使われる場面が増えるようでしたら、新語として採用していくことになります。大賞とした【三密】は、既にアプリ版やweb版の『大辞泉』に収録されていますので、そこでもご覧いただけましたら幸いです。来年こそは、コロナ以外の多彩な言葉が生まれる年になってほしいと、願わずにはいられません。

  • 大賞の【三密】をご投稿いただいた方の中から抽選で1名様にAmazonギフト券10,000円分をプレゼントいたします。

    • 当選者の発表は発送をもってかえさせていただきます。
    • Twitterからの応募の方が当選した場合は別途ダイレクトメッセージにてお知らせし、お名前とメールアドレスなどをお伺いいたします。

    『大辞泉』が収録を検討している新語

    キャンペーン期間中に投稿された1,993語の新語の中から、実際に『大辞泉』に採用する可能性のある新語を編集部が毎月選定しました。合計47語の新語が選ばれました。

    5月の新語

    【エッセンシャルワーカー】
    災害時やパンデミック時にも職務の遂行が社会から要請される仕事に就いている人々。

    【置き配】
    コロナウイルスの感染拡大に伴い、宅配事業者の間で広がる直接対面せずに荷物を受け渡す方法。

    【後手後手】
    物事が後手に回っていることを強調した言い方。

    【東京アラート】
    東京都内の新型コロナウイルス感染者が足元で増加し、再拡大の兆候が表れた際に出す警戒情報。

    【人狼】
    市民チームと人狼チームに分かれ、会話をしながら相手の正体を見抜いていくゲーム。

    【フェイスシールド】
    人の顔面を保護する樹脂製などの板。新型コロナウイルス流行時に一般化した。

    6月の新語

    【スルースキル】
    周囲からの批判や不快な言動を聞き流し、無視する能力。鈍感力。

    【転売ヤー】
    需要が高まる商品を買い占め、高額で転売する悪質な転売屋の事。転売屋とバイヤーをかけあわせている。

    【夜の街】
    接待を伴う飲食店やゲームセンターなど深夜営業店が密集する街のこと。

    【アンティファ】
    反ファシスト(アンチ・ファシスト)を意味するドイツ語や英語の短縮形。

    【昼カラ】
    お昼からするカラオケ。または日中に昼食などの飲食とともにカラオケができる店。

    【コロナ禍】
    2019年から全世界で大流行した新型コロナウイルス感染症によって引き起こされた不幸な影響のこと。

    【ウィズコロナ】
    新型コロナウイルスの完全な征圧を目指すのでなく、治療体制を整えつつ、適切なリスク管理を行う社会の在り方。

    7月の新語

    【マイナポイント】
    マイナンバーやキャッシュレス決済の普及促進を目的とする、国の消費活性化策のひとつ。クレジットカードや電子マネー、QRコード決済などのキャッシュレス決済サービスとマイナンバーをひも付け、チャージまたは決済すると25%が還元される。

    【夏マスク】
    夏にも快適に使えるように編み方や特殊加工など工夫し、吸湿性や速乾性、通気性の良い生地を使ったマスク。

    【神回】
    テレビ番組などで、特に面白かった企画や技術的に優れた放送回のこと。バラエティやドラマなどでは展開やストーリーを、アニメではそれに加え作画、声優の演技などを称賛するときに使われる。

    【四月病】
    年度始めでやる気に満ちていて、新しい習い事を始めたり、高い目標を立ててしまったりして、のちに後悔すること。

    【エアロゾル感染】
    細菌やウイルスが付着した粉塵など、空気中を浮遊している微粒子を介した病気の感染。

    【コイン○○】
    名詞の前に付いて、硬貨を投入して使用する機械を指す。コインランドリーなど。

    8月の新語

    【ブラック・ライブズ・マター】
    アメリカ合衆国を中心に展開している、黒人の抑圧状態に抗議する運動。

    【レジ圧】
    スーパーマーケットのレジでまごまごしていると、後ろに人がいっぱい。小銭を出そうと思ったけど圧を感じてお札にしてしまう。

    【エピセンター】
    感染症の発生源。

    【リベンジ夜ふかし】
    昼間の時間を有意義に過ごせなかったときに、夜遅くまで寝ずにそのマイナス分を取り戻そうとすること。

    【コピーパスタ】
    インターネットやツイッターなどで、同じフレーズをコピー、ペーストしてあちこちに拡散する行為。特定の個人を攻撃したりプロパカンダを広げたりする目的で使われることが多い。

    【置きっぱ】
    「置きっぱなし」を縮めたもの。

    9月の新語

    【経年美化】
    年月を経るにつれ、人や物の味わいや輝きが増すこと。

    【あごマスク】
    マスクをずらして顎だけに着け、口元が見える状態にしていること。

    【隠れ感染】
    自覚症状が無いために所定の検査を受けずに、感染していながら感染者としてカウントされないこと、またその人。

    【マスクマジック】
    ゲレンデマジックならぬマスクマジック。異性がいつもより美しく見えてしまう現象。

    【デジタル庁】
    菅義偉首相が設立を検討している官庁。国や地方のデジタル政策を一元的に管轄し、各省庁へ命令権を持つ司令塔となる組織。

    【がん○○】
    「がんがん」を略した接頭語。続く言葉を強調する。「がん見」「がん無視」など。

    【○○警察】
    接尾語として、ある事柄についての自身の正義感を乱暴にふりかざす人。

    10月の新語

    【ボディポジティブ】
    痩せた体型=美といった従来の基準から脱却し、ありのままの身体を愛そうというムーブメント。

    【チャレンジド】
    障害者をあらわす英語。チャレンジド・パーソンなどとも。

    【魔改造】
    フィギュアや自動車などで、通常の改造の範疇を大幅に逸脱した改造のこと。

    【ゼブラ企業】
    利益優先の成長ではなく、持続可能性や共存性も大切にする企業。

    【ツインデミック】
    COVID-19とインフルエンザの流行が重なること。

    【匂わせ】
    写真の隅に異性の身体の一部や高級品などを写り込ませ、充実した生活を遠回しにアピールする投稿。

    【ロジハラ】
    正論ばかりを突きつけて、相手を追い詰めるハラスメント。

    【性的同意】
    あらゆる性的な行為を行う前に、その行為に対して相手から明確な同意を得ること。

    11月の新語

    【前持ち】
    混雑した電車の中で、リュックサックが周囲の邪魔にならないように、胸の方に持つこと。

    【きめハラ】
    鬼滅の刃を読んでいない人を、遅れているとけなすこと。

    【ペトリコール】
    雨が降った直後に感じられる匂い。

    【脱ハンコ】
    行政改革や働き方改革の一環として、従来から続いてきた押印を廃止すること。

    【やらせレビュー】
    高評価のクチコミを作り上げ、あたかも店や商品に価値があるよう見せかけること。

    【セドラー】
    古物など安く売られているものを購入し、転売して利益を稼ぐこと。「瀬取り」から。

    【萌え袖】
    上着などの袖丈が長く、着ている人の可愛らしさが強調される状態。男女問わず用いられる。

    • 投稿された語釈がそのまま収録されるのではなく、編集部が新たに執筆陣に依頼し『大辞泉』各種アプリなどに収録する予定です(一部の新語は、今年8月改訂時に既に収録しています)。

    応募要項

    • 概要

      『大辞泉』に未収録の新語を広く募集します。月ごとに小学館『大辞泉』編集部が収録候補となる言葉を選定し発表。また2020年12月初旬に「大辞泉が選ぶ新語大賞」を発表します。それらの解説の執筆を編集部が各分野の専門家に依頼し、でき上がった項目を2021年4月の改訂時に『大辞泉』デジタル版に収録します。 goo辞書、コトバンク、ジャパンナレッジでも順次掲載いたします。

    • 募集期間

      2020年5月18日(月)〜11月15日(日)

    • 応募方法

      本ページより「応募フォーム」または「Twitter」から投稿してください。

    • Twitterからの投稿方法

      1. STEP1
        大辞泉

        大辞泉公式アカウントをフォロー。
        ※当選連絡のダイレクトメッセージ送付のためアカウントフォローが必要になります。

      2. STEP2
        ハッシュツイート

        「新語」&「新語義(意味)」をツイート。 #大辞泉新語 のハッシュタグをつけて投稿してください。

      3. STEP3
        ダイレクトメール

        賞品が当選された方には、twitterのダイレクトメッセージでお知らせいたします。

    • 賞品

      期間中に投稿された方の中から抽選で毎月30名様(合計180名様)に、Amazonギフト券500円分をプレゼントいたします。またキャンペーン期間終了後、大辞泉編集部が、投稿されたすべての新語の中から「大辞泉が選ぶ新語大賞」を選定し発表いたします。その新語を投稿いただいた方の中から抽選で1名様に、Amazonギフト券10,000円分をプレゼントいたします。

      • 当選者の発表は発送をもってかえさせていただきます。
      • Twitterからの応募の方が当選した場合は別途ダイレクトメッセージにてお知らせし、お名前とメールアドレスなどをお伺いいたします。
    • 審査

      大辞泉編集部で行います。

    • お問い合わせ先

      小学館 大辞泉編集部 info@daijisen.jp

    • 投稿例

      ※昨年の新語大賞に入選した「新語」とその語釈の例です。

      【空白恐怖症】
      自分の仕事がないときに、あたかも仕事をしているように見せるためにダミーの予定やフェイクの予定を入れるほど、自分の予定が空白な事を恐れること。
      【卒婚】
      結婚の卒業。結婚という形式は維持しながらも、夫婦が互いに干渉せず、それぞれの人生をそれぞれに歩んで行く。
      【ご飯論法】
      言い逃れ答弁の論法で、「朝ごはんを食べましたか?」という質問に「(朝、パンは食べたけど、ごはん=米飯は)食べていない」と答えるようなやり方。

    応募規約

    • 個人情報の
      取り扱いについて

      本企画の管理・運営に当たり、事務局が利用者から取得した個人情報は、株式会社小学館が別途定めるプライバシーポリシーに従って取り扱われます。

    • 注意事項

      • 募集するのはご自身で見つけた「新しい言葉」、既存の言葉の「新しい意味、使われ方」であり、オリジナルの「造語」や「自分で考えた新しい言葉」ではありません。
      • 誹謗中傷や公序良俗に反する内容の投稿の場合、事務局の判断で応募の対象外とさせていただく場合があります。
      • 異なる内容の投稿であれば、投稿数に制限はありません。おひとり何回でも投稿いただけます。